【Googleアナリティクス】UAとGA4の違いは?基本的な機能を解説

ブログ

Googleが提供しているアクセス解析ツール、
Googleアナリティクスについて
「UAとGA4の違いはあるのか?」や
そもそもGoogleアナリティクスは
どんな機能があるのかを
初心者さんにもわかりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

Googleアナリティクス機能とは?

無料で提供されている
Google公式のアクセス解析ツールです。

Webサイトへの訪問者のことを
「ユーザー」と呼び、
ユーザーに関するアクセスデータを収集・解析して
レポート化してくれる高機能なツールです。

例えば…

  • Webサイトへの訪問者数(ユーザー数)はどのぐらいなのか?
  • 訪問者はどこからきて、Webサイト内をどのように回遊しているか?
  • Webサイトの訪問者はどこの国なのか?
  • Webサイトをご覧になっているデバイスはスマホなのか?パソコンなのか?

などなど。

2020年10月には最新バージョンとして
「Googleアナリティクス4(GA4)」の
提供が開始され、
「データ収集方法の変更」や
「機能強化・機能追加」が行われました。

Googleからも
新バージョンの準備を進めるようにと
お知らせしております。

Google アナリティクス 4 は、ユニバーサル アナリティクスに代わる次世代の測定ソリューションです。2023 年 7 月 1 日をもって、標準のユニバーサル アナリティクス プロパティにおける新しいヒットの処理は停止されます。現在ユニバーサル アナリティクスをご利用のお客様には、Google アナリティクス 4 を使用するための準備をしていただくことをおすすめします

引用元:Googleヘルプセンター

 

旧バージョン「ユニバーサルアナリティクス」と 新バージョン「Googleアナリティクス4」の違いとは??

旧バージョンの「ユニバーサルアナリティクス(UA)」と
新バージョンの「Googleアナリティクス4(GA4)」の
根本的な違いは何か?

それはデータの計測方法が変わったというところです。

UAではページ単位で計測され、
GA4ではイベント単位での計測に変わります。

今まで計測していた
「ページビュー」「セッション」などは
すべてGA4の設定が必要になります。

そのほかにも、
大きく分けて4つの違いがあります。

1つずつ見ていきましょう。

 

①Webサイトとアプリ両方に対応

1つのプロパティで
「Webサイト」「iosアプリ」「androidアプリ」
すべてのアクセス解析に対応可能になりました。

複数ユーザーID空間を使用して計測することによって
Webサイトとアプリなど、異なるプラットフォームにまたがる
ユーザー行動経路を把握できるようになります。

 

②機械学習による予測

機械学習モデルによって
過去のアクセスデータ解析やインサイトが強化され、
ユーザーの行動予測が提示されるようになりました。

それによって、
「ユーザーが商品購入に至るまでの確率」や
「ユーザーは離脱する確率」の行動予測ができようになります。

 

③イベントでの計測

旧バージョンでは、「セッション(ページビュー)」単位で
アクセスデータの収集・解析が行われていました。

新バージョンでは、
「イベント(ユーザーがプラットフォーム上での行動)」単位での
計測になります。

ウェブストリームには「拡張計測機能」という項目があり、
有効にすることによって

  • ページビュー数
  • スクロール数
  • 離脱クリック
  • サイト内検索
  • 動画エンゲージ
  • ファイルのダウンロード

が測定できるように。

 

④プライバシーに配慮

旧バージョンでは「cookie」を利用したユーザーのアクセス履歴を収集していました。
個人情報保護の意識向上を受け、サードパーティーcookieが
段階的に廃止される動きが出てきています。
cookie情報だけではユーザーの行動履歴を把握するのは困難に…

新バージョンではcookieに依存しない、
ユーザーへのプライバシーに配慮したシステムが採用されているようです。

cookieとは?
Webサイトにアクセスしたときにユーザーのデバイスへ保存される情報のこと

 

まとめ

Googleアナリティクスの機能や
旧バージョンUAと新バージョンのGA4の違いを解説しました。

根本的な違いは、
データの計測方法が違うそうです。

今まで計測していた
「ページビュー」「セッション」などは
すべてGA4の設定が必要になります。

ほかにもご自身が計測した項目があった場合、
その都度設定する必要があるのでご注意を>

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

ブログ
スポンサーリンク
シェアする
るれりママをフォローする
るれりブログ