塗り絵で使う色鉛筆。おすすめは?初心者さんはこちらの色鉛筆!

日常

こんにちは、るれりママです。

塗り絵を始めたいけど、
色鉛筆はどんなものを使ったらいいのか
わかりませんよね。

今回は塗り絵で使う色鉛筆選びについて解説していこうと思います。

 

私も塗り絵を始めるときに
色鉛筆を購入しましたが
どれにしようか悩みました。

 

そこで、これから塗り絵を始める初心者さんにも
塗り絵を始めているけど
色鉛筆をアップグレードしたいなと思っている上級者さんにも
おすすめな色鉛筆をいくつかご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

色鉛筆の種類

塗り絵と同様、種類が豊富な色鉛筆。

お子さまが学校などで使うような色鉛筆から
プロ仕様のものまでさまざまな色鉛筆がありますよね。

まず、色鉛筆の種類には

「油性色鉛筆」「水彩色鉛筆」の2つがあります。

どのような違いがあるのか、みていきましょう。

油性色鉛筆

水性色鉛筆に比べて発色が良く扱いやすいので
子供から大人まで幅広く愛されている色鉛筆です。

重ね塗りや絵の具と合わせて使うこともできます。

初心者の方やどれを使おうか迷った方は
まず油性色鉛筆を選んでみてくださいね。

水彩色鉛筆

水性色鉛筆とも呼ばれていて、
水彩画のようなぼかしたタッチで描くことができる色鉛筆です。

水を使うことで
「ぼかし」や「グラデーション」を表現することができます。

水を使わない場合は
油性色鉛筆のように描くこともできるので汎用性が高いです。

こちらは上級者さんの方におすすめです。

色鉛筆の選び方

色鉛筆を購入するときに
「◯色セット」という複数の色がセットになっているものを
購入する方が多いと思います。

年齢や用途に合わせて本数を選ぶのをおすすめします。

12色…
基本的な色が揃っている色鉛筆。
子どもたちが学校で使用するイメージです。
24色…
カラーバリエーションも倍になっているので
「グラデーション」などの表現ができます。
36色…
大人が使用するには最適なセットです。
24色よりも表現の幅が広がります。
親子で塗り絵を楽しみたい方は
36色がおすすめです。

また、
お子さまのプレゼントとしてもおすすめですよ。
「塗り絵+色鉛筆」のセットで
プレゼントするのもいいですね。

 

私は油性色鉛筆(36色)を使っています。
今まで使っていた色鉛筆でも塗り絵は楽しめますが、
子どもと一緒に塗り絵をすることが増えたので
36色セットをもう1つ購入しました。

 

 

おすすめしない色鉛筆①

たくさんの色数があって値段が安い色鉛筆。
Amazonや楽天などで色鉛筆を検索したときに
「50色で2,000円」などありませんか?

コスパも良くてついつい買ってしまうと思いますが、
たくさんの本数があって安いものはあまりおすすめしません。

 

個人的な感想ですが、発色が良くないです。
塗り絵をしていても
全体的に薄い仕上がりになってしまうと思います。

 

おすすめしない色鉛筆②

お店に置いていないよう色鉛筆。
画材屋さんや文房具屋さんのほかに、
最近ではloftや東急ハンズなどでも
色鉛筆が売っていますよね。

お店に置いていない色鉛筆の場合、
文具メーカーが製造されていない色鉛筆の可能性もあります。

ネットで購入する際は
一度お店に行ってみて店頭に置いてある色鉛筆を
チェックしてみるといいでしょう。

おすすめの色鉛筆4選

今回は、初心者さん向けに油性色鉛筆をご紹介したいと思います。

色鉛筆は人によって相性が異なります。

自分に合った色鉛筆を選んでみてくださいね。

国内メーカーの色鉛筆と
海外メーカーの色鉛筆を選んでみました。

参考にしてみてくださいね。

トンボ鉛筆

老舗文具メーカーのトンボ鉛筆。
定番の色が数多く揃っているので、
子供から大人まで使いやすくなっています。

迷っている場合は
「トンボ鉛筆」を選べば間違いないですよ。

 

 

 

三菱鉛筆

日本を代表する文具メーカーの三菱鉛筆。

機能性にこだわった商品が多く、
初心者さんにピッタリな商品が展開されています。

また日本メーカーということもあり、
安心して使うことができますよ。

代表的な商品は「ユニカラー」

多彩な色が揃っている色鉛筆です。

私が使っている色鉛筆はこちらの2つです!

 

 

 

 

 

ファーバーカステル

ドイツの老舗文具メーカーのファーバーカステル。

世界に多くのファンを持つメーカーです。
滑らかな描き心地で発色が良く、色の種類も豊富。

本格的なイラストに
チャレンジしてみたい方におすすめです。

 

 

 

ダーウェント

イギリスの老舗文具メーカーのダーウェント。

プロが使用していることも多い色鉛筆になります。

商品は最新の鉛筆から
機能性のある色鉛筆までさまざまあります。

色の幅も多いのでたくさんの色が欲しい方におすすめです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

色鉛筆には
「油性色鉛筆」と「水性色鉛筆」の2種類があり、

国内メーカーと海外メーカーでは特徴が違いましたね。

気になった色鉛筆はありましたでしょうか?
ご自分に合った色鉛筆を選んでみてくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

日常
スポンサーリンク
シェアする
るれりママをフォローする
るれりブログ