離乳食初期の進め方!離乳食初期のスケジュールやおすすめの野菜、市販のベビーフードをご紹介

子育て

こんにちは、るれりママです。

離乳食を始めようとしているパパ・ママさんの中で
「何からあげればいいの?」と
お悩み中の方はいらっしゃいませんか?

今回は、離乳食初期の進め方や
離乳食初期におすすめの野菜、
市販のベビーフードのご紹介します。

我が家の離乳食初期は、
「手作り」より「市販のベビーフード」を
多く使っていたと思います。

離乳食作りにおすすめ便利グッズを
ご紹介した記事もございます。
よかったら参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

離乳食初期の進め方

離乳初期は生後5か月〜6か月。
お子さまの様子をみながら
1日1回、1さじずつから始めます。

母乳やミルクは授乳のリズムに沿って
飲みたいだけあげましょう。

離乳食の目的は、
「食べる練習をすること」ですが、
ほかにもこんな目的があります。

  1. 食べ物を口に入れ、飲み込む動作を覚える
  2. 食べる楽しさを体験する
  3. 食材の味や舌ざわりを体験する
  4. 規則的な生活リズムを身につける

赤ちゃんの健康状態が良く、
なるべく病院が開いている日で離乳食を始めましょう。

授乳の時間より先に離乳食を食べさせて、
食事後に欲しがるだけ母乳やミルクをあげます。

離乳食をあげる時間は
できれば午前中(10時ごろ)がおすすめです。

アレルギー反応が出てしまう可能性も考え、
病院が空いている時間帯に
離乳食を与えるのが望ましいでしょう。

離乳食の食べさせ方

  1. 支えがある椅子などを使用して、
    「おすわり」の姿勢を維持できるように準備します。
  2. 食べものを見せながら声かけをします。
  3. 口を開けたら、下唇の上にスプーンをのせます。
  4. 口を閉じるのを待ってからスプーンを引き抜きます。
  5. 赤ちゃんは口を閉じながら舌で食べものを取り込み、
    ゴックンと飲み込みます。
  6. 飲み込んだことを確認してから②〜⑤を繰り返します。

始めは口に食べものを取り込めず、
流れ出てくるかもしれません。

その理由は、
口を閉じて食べものを取り込む動作が初めてだからです。

母乳やミルクを飲むときは、
口を開けたままで飲み込んでいる状態ですが、
離乳食の場合は口を閉じて食べます。

上手くいかないことがありますが、
「口を閉じてゴックンする動作」を覚えている最中なので、
食べる様子を見守ってくださいね。

離乳食スケジュール

離乳食をスタートして
1週目は「つぶしがゆ」のみで量を増やしていきます。

2週目からすりつぶした野菜を加えて、

3週目には絹ごし豆腐や
白身魚のすりつぶしなどのタンパク質
を加える流れになります。

初めての食材を試したいときは、
「口の周りが真っ赤になる」などの
アレルギー症状の有無を確認しながら進めていきましょう。

1回ではアレルギー症状の有無はわかりませんので、
2〜3回試してみてアレルギー症状が出なければ大丈夫ですよ。

アレルギー症状は原因になる食材を食べて
2時間以内に症状が出てくることが多いです。

食物アレルギーのあるお子さまがいる
ママさんからお聞きましたが、
「食べた直後」に出る場合や
「食べてしばらくしてから」など、
アレルギー症状が出るタイミングはバラバラだそうです。

私は長男、次男が離乳食を始めたときに
アレルギー症状の有無を確認するため、
「何の食材を食べたのか」を全てメモしていました。

三男が離乳食を始めるときに
そのメモを参考にして、
離乳食のスケジュールを立ててみました。

実際使っていた
「離乳食スケジュール」を
お見せしたいと思います。

また、離乳食初期におすすめの野菜もご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてくださいね。

1週目離乳食スケジュール

1週目は「つぶしがゆ」のみです。
回数は1日1回。
3日目ぐらいから少しずつ量を増やしていきました。

離乳食1週目スケジュール

詳しく見る

 

2週目離乳食スケジュール

つぶしがゆを食べれるようになったいたので、
2週目から「すりつぶした野菜」を始めてみました。

詳しく見る

 

3週目離乳食スケジュール

つぶしがゆや数種類の野菜が
食べられるようになっていたので
絹ごし豆腐や白身魚すりつぶしを始めてみました。

詳しく見る

 

4週目離乳食スケジュール

野菜の種類を増やしてみたり、
果物を始めてみました。

詳しく見る

離乳食初期におすすめ野菜

離乳食初期から少しずつ野菜を加えていきますが、
「どの野菜から??」と悩みませんか?
離乳食初期から食べられる野菜はこちら!

  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • 大根
  • かぶ
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • 白菜
  • キャベツ
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • モロヘイヤ
  • トマト
  • ブロッコリー

与えれる野菜がたくさんありますね。

与える順番には決まりはありませんが、
離乳食に対して「苦手意識」を持たないように
始めのうちは甘みのある食材や、
クセのない淡白な食材などから進めてみましょう。

 

私がおすすめする野菜は、

  • さつまいも
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • じゃがいも になります。

参考になれば嬉しいです。

 

おすすめ市販ベビーフード

ここからは、私が実際に購入していた
「市販ベビーフード」をいくつかご紹介したいと思います。
離乳食初期から食べることができるベビーフードになります。

私がおすすめするのは、
単品で買うよりもお得なセット商品です。

【キューピーベビーフード】

ベビーフード(70g)18点セットになります。
(9種類×各2個)
開封してしまうと
1日以内に使い切らないといけないのですが、
小分けにして冷凍保存ができます。

 

 

【和光堂 ベビーフードセット】

ベビーフード19点セットになります。
粉末のものやフリーズドライになっているものがあります。

 

 

私がよく使用していたのは
和光堂さんのベビーフードです。

大人でも美味しく感じました。

好みがあるかもしませんが、

私が試食した中で和光堂さんが

好みの味でした。

ベビースプーンもご紹介

離乳食で初めて使うスプーン。
種類もたくさんあり、どれを買おうか悩みました。
我が家で実際に使用していたスプーンもご紹介したいと思います。

【ピジョン はじめてのフィーディングスプーン】

我が家の3兄弟が離乳食デビューをしたときに
使っていたスプーンになります。

「ペースト用」と「スープ用」の
2種類のスプーンです。

 

ピジョン はじめてのフィーディングスプーン(1セット)【食べるnoおうえん】

価格:520円
(2022/1/17 22:34時点)
感想(8件)

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
少しはお悩みを解決できましたでしょうか?

今回は、離乳食初期の進め方や
離乳食スケジュール、おすすめのお野菜などの
ご紹介でした。

参考になれば嬉しいです。

今後、離乳食中期・後期・完了期も
まとめていきたいと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

子育て
スポンサーリンク
シェアする
るれりママをフォローする
るれりブログ